無料
エロ
動画

eisu氏作 モンスターエンド

  • 2009/12/11(金)

TSERO QUESTでは、いくつかのモンスターエンドをeisu氏に書いて頂きました。支援所で活動されておられる方です。
私自身のモチベーションの原動力にもなり、ゲーム完成は2ヶ月は早まったと思います。ありがとうございました。
ゲームでは私が加筆修正したものを使っていますが、ここに原作を掲載します。私の文とはまた違う魅力があると思います。



忍者 エンド
--
「君が!逝くまで!触るのをやめないっ」
「こらこら」
--

「忍者秘儀、分身の術!」
「いい!?」

 目の前の忍者が幾人にも分身する。
 4体に両手両足を抱え込まれ、宙づりにされた。

『そうらそらそらそらそらそら!!』
「うあ、く、ひゃ、おま、ど、どこ触って……!」

 実際にはどこを、なんて問題じゃない。
 全身隈なくだ。 
 分身した忍者は俺の体を取り囲み、旋毛から足のつま先まで、俺のすべてを触っている。

『言ったはずでござるよ? 君が! 逝くまで! 触るのを! やめないと!』
「ぎ……! あ、うあぁぁ……!」

 サラウンドで聞こえる声に、答える余裕もない。
 忍者は感じる場所も感じない場所も、お構いなしに触ってくる。
 だがイキそうになった瞬間、その場所への刺激が弱まるのだ。
 三点を絶妙に攻めてくるかと思えば、脇をくすぐったりもする。
 お陰で体が火照りっぱなしだ。

「へったくそ!!」
『だって逝かせてしまったら、お触りが終わりになってしまうでござる』
「な……!」
『捕虜は生かさず殺さずが鉄則でござるよ……まだまだ、お触りは続くでござる』

 一時間後、足もとには小さな水溜りほどの愛液が流れていた。
 だが、俺はまだ一度も逝っていない。
 気が狂いそうだ……はやく、はやく俺を逝かせてくれ……。



ろりぃ エンド
--
「お姉ちゃんっ。お姉ちゃんはどこにも行かないよね?ずっと私だけのお姉ちゃんだよね?そうだよね?そうだと言ってよっ」
「えーと。……間に合ってます」
--

「お姉ちゃん、どうしていっしょにいてくれないの?」
「いや、どうしてって言われても……そもそも俺はお前の姉じゃないし。男だし」
「そう……なら、そんなお姉ちゃん、いらない」

 無感情にそう言い放つと、その手に持った包丁を振りかざし……。

「って待った! わかった、一緒にいるから!」
「……ほんと?」
「ああ」

 この際、背に腹は代えられない。逃げ出せる隙が見つけるまで、大人しく従うか。

「うれしい……ずっといっしょにいようね、おねえちゃーん!」
「え……? あ……」

  ズブリ、と、硬いものが胸に刺しこまれ……痛いと感じる間もなく、俺の意識は闇へと消えた。

「ん……はぁ……」

 なんだ……この感覚……気持ちいい?

「目がさめたのね、お姉ちゃん」

 この声……さっきの電波ろりぃた!?

「今お姉ちゃんはね? 私の中にいるの。だから、ほぉら……」

 視界がはっきりすると同時、胸から快感が湧き起こる。
 今までにも増して白く、細い腕が、小ぶりな胸を揉んでいた。
 止めようと思っても体は動かない。俺は快楽を受けるだけ。
 まじかよ……俺、本気でこいつの体に?

「これで、いつまでも一緒だよ。ほら、一緒に逝こう?」

 胸を揉みしだく動きが激しくなる。もう片方の手が、下へとのび……

あ、あああぁああーー!!「あ、あああぁああ――!!」



イカ エンド
--
「ねーちゃん、俺の足技すげえんだぜえ」
「生臭そうだからやめとく」
--

「く、くそ、イカなんかに……!」
「ねーちゃん、足は嫌だって言ったよな?」

 イカの足が太ももに絡みついてくる。
 抵抗するが、もう体に力が入らない。

「おまえ、何する気だ!」

 M字型に、秘所を無理やりこじ開けられた。

「口で満足させてやろうってのさ」
「く、くちぃ!?」

 触手が腰にも纏わりつき、イカの足の付け根と股間が密着する。

「よいしょっと」
「あ、はぁん!」

 歯によって秘所を押し広げ、軟骨を挿入してくる。
 軟骨が奥を攻め、歯が絶妙な力で入口付近を攻める。

「ねーちゃんの愛液、美味しいで」

 無いくせに喉を鳴らし、俺から溢れ出てくる液体を啜る。

「さて、そろそろか。ねーちゃんの膣、俺の墨で満たしてやるよ……!」
「や、いやぁぁぁ!!」

 ……目が覚めたら、俺の肌は真っ黒に染まっていた。



マーくん エンド
--
「マー!」
「お前、実は思ったより小さいんだってな」
「マー!!」
「そう怒るなよ」
--

「マー!!」
「わかったわかった、悪かったよ! お前は小さくても強かった」
「……マー!!!」

 小さいと言われたのが、相当腹に据えかねたらしい。
 マーくんが勢いよく秘所に突っ込んでくる。

「つ……! いくら小さいからって入るか! この馬鹿!」
「マー!!」
「あう!! ……って、おい!?」

 最初はギチギチで、何も入らないくらいだったのに、今は頭がすっぽりと入りこんでしまった。
 こいつ……小さくなってる?

「マー……!」
「待て待て!! お前どこまでいくつもりだ!?」

 快感と痛みに耐えながら突っ込むが、返事はない。

「……」

 すでに声も聞こえないほど小さくなってしまったらしい。
 先ほどまで、マーくんの大きさで膨らんでいた腹は、今は元の通り……。
 では、ない。

「な……? いた! いたい、いたい!!」

 腹が、すごい勢いで膨らんできたのだ。いまやどこの妊婦かというほどである。 
 もしかして、内部から破裂させる気か!?

「は、は、は」

 浅い呼吸で痛みを紛らわしていると、子宮が動き、押し出そうとしているのがわかった。
 この感覚は……まさか……。

「う……! うまれる……!!」 
「まー!」

 あかちゃん、できました。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close