無料
エロ
動画

入れ替えの町

  • 2009/10/10(土)

この町は狂っている。

物心ついた時には、既に違和感を感じていた。
父が、母が、ある日突然別人のようになる。気のせいだと己に言い聞かせ続けていた。

だが、気のせいではなかった。実際、別人になっていたのだ。

15歳の誕生日のことだった。
珍しく母が、俺の部屋に来た。おそらく2年前からの母が。
「あなたも今日で15歳になったわね。……ふふふ。元気でな」

どういうことだ?
なかなか眠れなかったが、いつしか眠りに落ちていった。

悪魔がいる。
「ぶはははははは! ようこそ入れ替わりの世界へ!他人の体で萌えまくるがよいっ!」


眼が覚めた。変な夢だった。……どこだここは?
むさい男が見える。近いぞお前。もうちょっと離れろよ。

「おおおおっ。男は久しぶりだっ。おお?お嬢ちゃんっ。ジャストストライクッ……でわ早速っ」

おわああっ何すんだこの野郎っ。
男がのしかかってきた。この男、やたらでかい。
……ん?俺が小さいのか?
力の差は圧倒的で、がっちりと押さえ込まれる。

ぴとっと股間に何かがあたる。
ぞぞぞぞぞぞぞ。全身に寒気が走る。
なんだこれ。
次の瞬間、体が押し広げられるような感覚。
「んああああああああっ」

「どうやらそこはしっかり開発済みみたいだなっ」
「あああああんっ。すごいいいいいいっ」

訳の変わらない衝撃に打ちのめされる。
どうやら、これは、快感か。何回か出された後でようやくそう理解しはじめた。



しばらくの間、その男との親子+夫婦関係が続いた。
以前の素性は教えてくれない。意味がないそうだ。
そしてその生活はある日突然終わりを告げた。


……しばらく男の体が続いている。
入れ替え魔神様。なにとぞ、俺を女にしてくれたまえ。


ああ。俺も。狂ってきている、な。





ゲームからのスピンオフ超短編SSです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

close