無料
エロ
動画

メタドールについて

  • 2009/05/29(金)

メタドールとは、3DCGではなくて、高性能アンドロイドのことです。
某支援所で持ち上がったシェアワールドです。
「METADOLL 〜 一人遊び」は以前、投稿した小説です。

METADOLL 〜 一人遊び 第一部 その3

  • 2009/05/29(金)

「はあ、はあ……そういえば……」時計を見る。30分経過。
体は触られ続けている。
高熱を出した時のように頭がぼうっとしている。
「ま、まだ半分しか経ってないのね……んんっ、大丈夫かな、あたし……」


さて、次はどうするかなああああああんんんっ。
いきなり乳首がねじり上げられ、鋭い快感が背筋を駆け上る。体が勝手にびくびくと震える。

うう、こんな状態では、んっ、思考があああっ、ま、まとまらないんんっ。
「んくう、何か、いい方法は、いやああ、無いかなあ……そこだめえええ」

もちろん自慰プログラムを中止するつもりはさらさらない。当然。

皮膚感覚とそれに直結している浅い部分の知覚をオフにする。
途端、現実感が失われた。
床に着いている足、椅子に座っている尻と背中、キーボードに触れている手、空気に触れている肌。
それらの感覚が全てなくなると体が宙に浮いているような気になる。
ともすると自分がどういう姿勢でいるのかもわからなくなる。


--------------------------------------------------


体幹、プラス性感帯と思われる太ももや耳などの刺激を受けそうなところを除く知覚を復活。
違和感はあるが大分ましになったぞ。

「はあ、はあ……これで体が勝手にのけぞるようなことはなくなったわね……」
直接刺激を感じられなくなり、幾分冷静になる。
俺は設定ソフトを調べ始めた。

……体が熱い。汗が噴き出てくる。
胸と股間のあたりを中心にどろどろとした何かがねっとりと渦巻いている。
頻繁に熱い吐息が口から漏れる。
勝手に体がいやらしくくねる。

見えない左手による刺激は続いている。
表在感覚はカットしたが性感はそのままだ。
直接的な感覚がないぶん、訳の分からない焦燥感だけが高まっていく。

面白そうな設定項目を発見。
羞恥心をアップと同時に被虐趣味もアップ。要するに露出狂、だ。

設定を有効にして、プラグを抜き鏡の前に移動。

「うああ……」
全身を紅潮させた、とんでもなく色っぽい女が映っている。
思わずごくりとつばを飲む。
鏡の中の女も同じ動作をする。あ、これって、俺?
そう思った途端に猛烈に恥ずかしさが込み上げてくる。
「あ、あたしったら、なんて、いやらしいのよ……」
自分の口から出た言葉で、更にかっと体が熱くなる。

「あ、だめ、見ないで」
もっと、見てくれ。

「恥ずかしいよ……」
でも、それがいいの。

俺は恥ずかしさに身悶えながらも、鏡の中の自分から目を離せない。
あまりの羞恥心に気が遠くなる。
そんな俺に欲情するもう一人の俺がいる。

股間と胸のどろどろとした塊はどんどん大きくなりひとつになろうとしている。
視界にちかちかとスパークが飛び始める。
「だめえ…………」
塊が全身に広がった時、俺の意識は真っ白に塗りつぶされた……




--- 第一部 了 ---

第二部 その1へ続く

METADOLL 〜 一人遊び 第一部 その2

  • 2009/05/29(金)

「METADOLL Type-SEXROID MBSX-6862 KIYO 動作チェック、正常。起動完了……」
自動で元に戻るようにしておいて本当によかった。
あやうく、いき続けるだけの生活を送るところだった。
あそこまでいくと気持ちいいというより拷問に近かったからな。

今後は気をつけよう。

さて。
今日は何をしようか。

・・・

行動をプログラムできるようだ。今日はこれでいくとするか。
この義体はセックス用なだけあって、そっち系のデータベースは最初から膨大な量のライブラリが用意されている。
行動プログラムだけでもフェラをする、というような単純なものからセックスの一連の行動、なんてものまである。
どうせなら活用してみよう。いろいろと物色する。
・・・
自慰を1回してそこでやめるようにセットする。追加設定で、”ベテラン””セクシー””恥じらい””鏡を見つめながら”。
よし。一息ついてから、うなじのプラグを抜く。プログラムスタート。


--------------------------------------------------


艶めかしく体をくねらせながら立ち上がる。
鏡の前に行く。じっと自分を見つめる。
あは、と熱い吐息が漏れる。顔が紅潮している。目つきはとろんとして口は半開き。
「おお。セクシーじゃねえかよ、俺。」しゃべる口調も内容に反してハスキーで少し眠たげと思えるような色っぽいものになる。
俺が自由にできるのは台詞くらいで、そう言いながらも体は勝手に動き、上目遣いで鏡の中の自分を見つめながらおずおずと胸に手を這わせる。ゆっくりと、最初はなでるように。次第に力をこめつつ丁寧にしかし大胆に胸をこねまわす。
「ああん・・・・」胸の奥が熱くなってくる。胸がふくれあがるような感覚。
・・・股間がうずきまくっているのがわかる。
触りたい。さっきから下半身も刺激を求めてもじもじと動いている。
だが俺の手は執拗に胸をまさぐり続ける。
「んくう、いいいっ」もう勘弁してくれ、というところでようやく俺の手は下方に移動し始めた。
早く。早く・・・
焦る俺をあざ笑うかのようにゆっくりと腹をなでまわす。また胸に戻る。手はためらいがちに、行きつ戻りつしながら少しずつ股間に向かう。
気が遠くなりかけた頃、やっと俺の手は目的地にたどり着いた。
「んんんんんんっ」腰ががくがくと震える。これは・・・軽く達したようだ。男ではあり得ない感覚。
「あああっ」手は止まらない。余韻に浸る間もなくさらに上に押し上げられる。
おいこら待て、1回で終わりにするのじゃなかったのかよ。あの程度ではカウントされないってことか・・・
胸を痛いくらいに揉みながら、もう片方で股間を激しくこね回す。
視界が真っ白になっていく。真っ白なはずなのにそこにちかちかとスパークが飛ぶ。
だ、だめだ。もう限界・・・
「んんああああああああああああああああっ」
恥ずかしいくらい大きな声をあげ、俺は盛大に絶頂を迎えた。


「はあ、はあ」
ゆっくりと意識が戻ってきた。
・・・凄かった。
男の知識のままでするのと、ここまで違うとは。
これが俗に言う、じらしのテクニックか!
などと思いながら、
俺は新たな刺激を求めて設定ソフトを調べ始めた・・・



体もある程度までなら変更できるのか。顔つき、髪の長さ、目の色、肌の色、胸や尻の大きさ、声質。腟のサイズなんてものもある。
骨格と基本的な筋肉や脂肪の付き方は変えられない。
つまり男にはなれない、ということか。大人の女ならば大体OKみたいだな。
まあこの辺はハード的にも苦しいだろうしセクサロイドだから仕方がないか。


左手のみを使うようにして自慰プログラムを実行する。ソフトに、ゆっくりと1時間かけて達するようにセット。
「はあん・・・」すぐさま左手が体をまさぐり始める。
左手の感覚をオフにしてみる。触っているという感覚が消え、触られている感覚だけが残る。
「んんうっ。おう、これはなかなか、い、いいじゃないか・・・ああっ。」し、しかし。
パソコンに向かって座っている状態なので、ちらちらと左手が視界に入るのが気になる。手につられて左肩が動くので手の大体の位置もわかるのも何か興ざめだ。
な、何とかならないか。んあああっ。
快感に思考を邪魔されながら模索する。
「よ、よし、こうすれば・・・」

左手を視界から排除し、見えなくする。認識そのものもカットし、それが通常だということにする。

俺の体から左手が消えた。自分の体を見下ろしても体を触っているはずの左手は見えない。
それに加え、俺にとって手は1本であるのが普通になった。
左手、というものは知識としては知っているが、俺の体に手が2つもあったらバランスも悪いしどう動かしていいのかわからずパニックになっちまうような気がする・・・

「はああん」俺の左手は休む間もなくあちこち動き続けているらしく、思わぬ所から快感がわき起こる。
胸を揉まれる。乳首をつままれる。ふっと離れた次の瞬間クリトリスが押しつぶされる。
ゆっくりと乳房をなぞられる。「ああ・・・」
触られる肌がなめらかな曲線を描く。自分の体が女なのだということを今更ながら嫌というほど実感する。
「ふうん・・・」
見えない手に好き勝手に触られている。痴漢に遭うってのはこんな感じなのだろうか。


会話言語を内気な女の子のものに変更。声質は少し高めに。
「ああんっ。お、お願いです。や、やめて下さい・・・」
俺の口から消え入りそうな弱々しい声が出る。おお、なんだかぞくぞくする。

もうすっかり体はできあがっちまっている。股間はすでにとろとろだ。
前触れ無く、するりと指が秘所に入り込む。
うおおっ。いきなりそこかよ。ああっ、ま、待て、強烈すぎる・・・
「ああっ。いきなりそんなところお。いやあ、お願いやめてえ・・・」
「あっあっ。だめえ、そんなことしたら、声が止まらないよう・・・」
「もうやめて。んきゃあっ。お願いんんんんっ」

俺はそのまましばらく一人痴漢プレイを続けた・・・

第一部 その3へ続く

METADOLL 〜 一人遊び 第一部 その1

  • 2009/05/29(金)

いやしかし人生、わからないものだ。
まさか自分がこんな、人間か機械かよくわからないものになっちまうとはな。
まあ普通ならあの時、俺の人生は終わっていたんだと思うとラッキーだったと考えるべきか。

今の俺はメタブレイン社のメタドールに組み込まれている疑似人格OSだ。
といっても俺が人間だった頃の記憶は全て残っている(はずだ)し、思考も何ら変わっていない(はず)。
まあ疑い出せばきりがないしそこはメタブレイン社を信用するしかない。
不本意ながら女型、しかもセクサロイドの義体に入らざるを得なかったのだが
生前の約束通り、俺自身の設定ソフトもちゃんと渡してくれたことだしな。

しばらく、欝状態の日々を過ごしていたが、最近やっと、今の自分を受け入れられるようになってきた。
落ち込んでばかりいても仕方がない。

新しいこの体を、楽しんでみよう。設定ソフトもある。かなりな部分まで変更できるようだ。

とりあえず、素のままで自慰でもしてみるか。


--------------------------------------------------


「・・・あああっ・・」
声が抑えられない。
ああっ。んっ、こんなに凄い、なんて、俺、うんっ、女になって、んああっ、よかったかもっ。
手が止まらない。
視界が真っ白になってゆく。そのまま俺は上り詰めてしまった。
「んんんっ。何だこれ・・・」
上り詰めたままの状態がそのまま持続する。
手が止まらない。
限界だと思ったそこからさらに上に上がっていく。もう、これで限界。何回そう思ったことか。
だめだ、このままではおかしくなってしまう・・・

気がついたらクレードルに収まっている状態で目覚めた。いつの間にか翌日だ。バッテリーはフル充電。
「METADOLL Type-SEXROID MBSX-6862 KIYO 動作チェック、正常。起動完了……」
口が勝手に動いて抑揚のない声が発せられる。
どうやらバッテリー残量警告を無視していたために、自動的にセーフティモードに移行してしまったようだ。

それにしても凄かった。女ってあんなにいいものなのか。
女というよりもこのセクサロイドの義体のせいかもしれないが。この際どちらでもいい。

・・・しばらく反芻した後、俺は設定ソフトのことを思い出した。
ソフトを起動。設定可能項目を眺め始める。膨大な量だ。
「・・・こんなことまで設定できるのか!・・・」



うなじにあるソケットにプラグを接続する。
カチッ。
これで俺はこのソフトの設定通りになる。なんだかぞくぞくするぜ。
とりあえず今の状態をフルバックアップ。
念のため、充電時に強制的に全て今の状態に戻るようにセットする。
元に戻れないというのはごめんだからな。

手始めに言語からいじってみることにする。
なるほど、会話言語と思考言語は別扱いなんだ。
会話言語を、最初から用意されていた一般女性用の言語ファイルに指定する。
設定反映。
・・・何も変わらないようだが。
「あれ?何も変わらないじゃない。おかしいわねえ・・・!」
思わず口を押さえる。
「あたし・・・!うあ、女言葉になっちゃってる・・・何よこれ」
勝手に俺の思考が女の言葉遣いに変換されてるよ。
「お、おれ・・・」
自分の言葉ではないような強烈な違和感。
面白いぞ。思考言語も変更してみる。

これで思考も女言葉になってるはずだわ。
あたしは今は女の義体に入ってるけど本来は男なの。
うわあ、本当にあたし、女の言葉で考えちゃってる。
なんだか気持ち悪いよ。あたしがあたしじゃないみたい。
元に戻そうっと。

ふう。
言語の変更は何か自分を見失いそうで怖いな。
次はどうすっかな。
無意識レベルの動作、つまり何気ない仕草を変更してみよう。
えーと、お、これいいな。
”女性:セクシー”

んー、妙に体が細かくうねるような気がする。
鏡で見てみよう。うなじのプラグを抜く。
立ち上がる時もなんだかくねくね。
歩き出すと自然に尻を大きく左右に振ってしまう。
鏡の前に立つ。
「おお・・・」
俺ってこんなにセクシーだったのか。
顔や体はもうおなじみのものだったが発散されている雰囲気がまるで違う。

目元口元、目線、顔の角度、体幹の曲げ方、手足の動かし方。ちょっとした違いでここまで変わるものなのか。
これはそのままにしておこう。

艶めかしい動作でパソコンの前に戻る。
次は・・・
お、性感度なんてのがあるぞ。
パラメータは0-100。今の俺は20だと?あんなに凄かったのに・・・
0にしてみる。
体をまさぐる。何も感じない。一番感じるはずの場所を触っても、手をなでているような単に触っている、という感覚しかない。これはあまり面白くないな。
じゃあ、100だ。
設定を有効にした途端、世界が一変した。


「あはあ・・・。」
体が熱い。
部屋の中のわずかな空気の動きが、全身を余すところ無く刺激している。
パソコンの無機質な動作音にぞくぞくする。
「ん・・・」
股間が洪水のようになっているのがわかる。
みるみるうちに座っている椅子がぐしょぬれになり、足下に水たまりができる。
「ああっ」
足下を確認しようとうつむいただけで絶頂を迎えそうになる。
こ、これはまずい。
元に戻さなくては。キーボードを叩いた途端。
「んああああああっ」
指への刺激でいってしまった。
体がのけぞる。
「ふわああああ」椅子からの刺激でまたいく。
椅子から転げ落ちる。
「んうんんんんっ」床に落ちた衝撃でまたもや絶頂。
「いいいいいいいんっ」痙攀に近い動きの体が床にこすれる感覚で絶頂。
「やああああああああああっ」以下繰り返し。

何一つ抵抗できないまま、俺はいき続けた・・・

第一部 その2へ続く


close